ホーム


 

ホーム

 


お知らせ

当協会は、新型コロナウイルス感染の状況をふまえ、11月末までの間、事務所での勤務時間を下記のとおりといたします。

月~金 10時30分~16時30分


【事務所移転のお知らせ】

当協会は、1月25日(月)、下記の住所に移転いたしました。電話・FAX番号、メールアドレスは、これまで通りです。

〒100-0005 東京都千代田区丸の内三丁目4番1号

新国際ビル936区

近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

2021年1月25日
日本中国文化交流協会


NEW「平和、友情、奮闘-日中韓名家オンライン書法展」開幕

昨夏に続く「日中韓名家オンライン書法展」が、7月20日、当協会などの主催で開幕しました。展覧会詳細、出展作品は下記サイトにてご覧いただけます(2022年3月13日まで)。

http://j.people.com.cn/206603/416799/index.html

*開幕式・揮毫式の様子は下記サイトにて

・中国人民対外友好協会HP「中日韩名家线上书法展开幕式暨线上笔会成功举行」(中国語)

https://www.cpaffc.org.cn/index/news/detail/id/7377/lang/1.html

・CRI online(中国国際放送局)「東京五輪と北京冬季五輪に祝福を 『平和 友情 奮闘-中日韓名家オンライン書法展』」(日本語)

http://japanese.cri.cn/20210720/83a2f774-1c50-e7a4-afc5-7a802aae7349.html

*メディアでの紹介

・読売新聞「五輪の成功願い 日中韓で書法展」

https://www.yomiuri.co.jp/culture/20210721-OYT1T50047/


2021.5.18 上海人民対外友好協会のWeChat公式サイトに当協会の中野暁専務理事の寄稿した中国語の文章が紹介されました。下記サイトからご覧いただけます。原文はこちらからご覧いただけます。

・「携手日中文化交流的半个世纪」https://qr.paps.jp/jRAX8


『墨』270号(2021年5・6月号、芸術新聞社刊)の「祈りの書 かわら版」に「日中韓名家オンライン書法展」が紹介されました。

『墨』270号の詳細は下記サイトにてご覧いただけます。
http://www.gei-shin.co.jp/sumi/index.html


「日中語り物・謡い物芸オンライン交流会」を開催

2020年11月18日、当協会と中国曲芸家協会(姜昆主席)が共同主催した「日中語り物・謡い物芸オンライン交流会―長唄と単弦の対話」が「曲芸雑誌融媒」で紹介されました!
下記からご覧いただけます。

曲芸雑誌融媒「曲唱和美——中日曲艺线上视频交流活动在京成功举办」
https://mp.weixin.qq.com/s/M6V38C_aWS-CKhyplLlPeg


「日中作家オンライン交流会」当協会が主催

2020年11月6日、中国作家協会(鉄凝主席)との共同主催で「日中作家オンライン交流会」を開催。Zoom(ビデオ会議アプリ)で日中両国をつなぎ実施した。日本側は島田雅彦、中上紀、柴崎友香、谷崎由依、阿部智里の諸氏らが参加。「ポストコロナ時代の創作と責任」をテーマに、現在の創作活動や今後の交流などについて意見をかわし、交流を深めた。

*中国メディアで紹介されました!

・CRI(中国国際放送局)「中日の作家 『コロナ禍の文学創作と作家の責任』オンライン交流会開催」http://japanese.cri.cn/20201106/22bd27dd-c778-c44b-d5f0-331620b9ef81.html

・中国作家網「疫情下的文学创作与作家责任」http://www.chinawriter.com.cn/n1/2020/1108/c403993-31923051.html

・文藝報「中日作家探讨“疫情下的文学创作与作家责任”」 http://wyb.chinawriter.com.cn/content/202011/09/content57086.html


「日中韓名家オンライン書法展」特設サイトに3カ国代表のインタビュー動画が掲載されました! 下記の特設サイトからご覧いただけます。


 「日中韓名家オンライン書法展」開幕!

2020年7月3日、日中韓名家オンライン書法展が開幕した。同展は、3カ国の書家約100名が、共通の文化である「書」を通じて、新型コロナウイルスの被害を受けた方々に応援メッセージを送るという趣旨で開催されている。主催は当協会、中国人民対外友好協会、中国国家画院、韓日文化交流会議、韓国芸術の殿堂ソウル書芸博物館。

※展覧会詳細、出展作品は下記サイトにてご覧いただけます。

http://j.people.com.cn/206603/416164/index.html

*メディアでも紹介されました!

・日本経済新聞「日中韓でオンライン書道展 京都・壬生寺で揮毫式」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61346410Z00C20A7BC8000/

・中国中央電視台(CCTV) 中国新聞「《中日韩名家线上书法展》在京开幕」
https://tv.cctv.com/2020/07/03/VIDEHDYnGy0JFFO9dRSAH1xY200703.shtml


日本中国文化交流協会とは

創設

1956年3月23日、中島健蔵(仏文学者)、千田是也(演出家)、井上靖(作家)、團伊玖磨(作曲家)らが中心となり、日中両国間の友好と文化交流を促進するための民間団体として東京で創立されました。その活動を通じ、日中国交正常化の実現や日中平和友好条約締結に向けての国民世論の形成に寄与しました。日中両国の文化交流を通じて、友好、相互理解をいっそう促進するため、活動を続けています。

 

組織

会員制。会員は文学、演劇、美術、書道、音楽、舞踊、映画、写真、学術(医学、自然科学、人文社会科学)など文化各界の個人、出版、印刷、報道、宗教、スポーツ、自治体、経済界などの団体・法人を中心とします。

 

催しのご案内はこちらから

 

活動・業務

創立以来、文化各専門分野の交流のための代表団の相互往来を中心に、舞台公演、映画会、音楽会、文物・美術・書道など各種展覧会、学術討論会の相互開催などの活動を展開しています。その活動が評価され、下記の6賞を受賞しました。

・朝日賞 1973年 (昭和48年) 朝日新聞社

授賞理由 長年にわたる日中文化交流への貢献と日中国交正常化への貢献


・国際交流奨励賞 1985年(昭和60年)国際交流基金

授賞理由 日中文化交流を通じて、両国の相互理解増進に尽力


・中日文化賞 1987年(昭和62年)中日新聞社

授賞理由 中国との文化交流への貢献


・井上靖文化賞 1997年(平成9年)井上靖記念文化財団

授賞理由 創立以来40年間にわたる、日中文化交流への貢献


・文化交流貢献奨 2007年(平成19年)中華人民共和国文化部

授賞理由 中国との文化交流への貢献


・中日友好貢献奨 2010年(平成22年)中国人民対外友好協会 中国日本友好協会

授賞理由 日中友好の促進に貢献


月刊誌

『日中文化交流』を毎月一回1日付けで発行

※『日中文化交流』誌は、当協会の会員の皆様にお送りしております。内山書店、東方書店でもご購入いただけます。
※  ご入会についてのお問合せは、下記までメールまたはお電話にてご連絡ください。(月~金9:30~17:30)

一般財団法人 日本中国文化交流協会
〒100-0005 東京都千代田区丸の内三丁目4番1号 新国際ビル936区
TEL:03(3212)1766 FAX:03(3212)1764
MAIL:nicchu423@nicchubunka1956.jp

 

 

 

 

JAPAN-CHINA CULTURAL EXCHANGE ASS.